中国が超薄ガラスの生産に成功、厚さはなんとコピー用紙とほぼ同じ―中国メディア

中国が超薄ガラスの生産に成功、厚さはなんとコピー用紙とほぼ同じ―中国メディア
A4のコピー用紙1枚の厚さは0.095ミリメートル、そしてこのほど中国が新しく生産したガラスの厚さはわずか0.12ミリメートル。コピー用紙を少し厚くしただけのガラスだが、自動車が時速150キロのスピードで衝突しても傷ひとつもつかないという。(Record China)
A4のコピー用紙1枚の厚さは0.095ミリメートル、そしてこのほど中国が新しく生産したガラスの厚さはわずか0.12ミリメートル。コピー用紙を少し厚くしただけのガラスだが、自動車が時速150キロのスピードで衝突しても傷ひとつもつかないという。

【その他の写真】

セミの羽根のように薄いこのガラスは超薄板電子タッチガラスとも呼ばれ、電子情報端末などに使用されるスクリーン産業のコアとなる材料で、スマホやパソコン、テレビのスクリーンとして利用されている。ガラスが薄ければ薄いほど、透明性がよりよく、柔軟性もより優れ、重さもより軽くなる。だがその一方で、薄すぎると割れやすく、薄さだけでなく強度と柔軟性をいかに両立させるかが、世界的な難題の一つとなっている。

1950年代末に、イギリスのガラス製造企業であるピルキントンがフロートガラスの開発に成功したことを世界に向けて発表した。各国はその特許を買い取ろうとやっきになったが、ピルキントン社は中国に対してのみ技術提供を制限した。これを受け、中国はガラス製造業において自主的なイノベーションが必要だと意識し始めた。

海外のガラス製造技術の提供制限を受けた中国は、蚌埠ガラス工業デザイン研究院の主席科学者・彭寿(ポン・タオ)氏と彼が率いる研究チームが30年以上の試行錯誤を重ね、完全に独自の知的財産権を持つ中国製の超薄板ガラスを世界に進出させた。中国の技術における突破と革新は、超薄板ガラスの国際市場における価格を3分の2ほど低下させるに至った。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。