米ロサンゼルスのコリアンタウンがバッシングの的に、その理由は?=韓国ネットからは擁護の声も

米ロサンゼルスのコリアンタウンがバッシングの的に、その理由は?=韓国ネットからは擁護の声も
16日、韓国メディアは「女性ホームレス保護施設の設立に反対する米ロサンゼルスのコリアンタウンが現地でバッシングに遭っている」と伝えた。写真はロサンゼルス。(Record China)
2018年5月16日、韓国・ノーカットニュースは「女性ホームレス保護施設の設立に反対する米ロサンゼルスのコリアンタウンが現地でバッシングに遭っている」と伝えた。

記事によると、LAタイムズなど現地メディアは2日、「LAコリアンタウンの中心に24時間体制のホームレス保護施設が設立される」と報じた。報道後、現地の韓国人団体や住民らは「子供の教育に良くない」として大規模な反対集会を行ったという。ネット上の請願サイトには「LAコリアンタウン内の24時間体制のホームレス保護施設建設計画に反対する」との文章も掲載され、15日午後5時までに8608人(1万人目標)が署名したそうだ。

しかし韓国人団体のこうした動きは米国社会の反感を買っているという。米国人らはホームレス保護施設の設立に反対する韓国人らに対抗するため、デモを行っている。14日にはコリアンタウンのある通りに老若男女が集まり、「女性ホームレスにはあなたの母や娘のように安全に暮らす権利はないのか」「コリアンタウンはホームレスも人間という事実を忘れたのか」「女性ホームレスの多くが家庭内暴力の犠牲者」などと書かれたプラカードを掲げる「沈黙デモ」が行われた。

デモを主導した団体関係者は「2月23日に女性ホームレスがコリアンタウンの道で低体温症により死亡した」とし、「こうした悲劇が二度と起こらないよう保護施設の設立を促す運動を続けていく」と話したという。LAホームレス管理局の17年の報告書によると、LA全体のホームレスの数は5万7150人で、そのうち約31%(1万7882人)が女性だが、女性ホームレス保護施設の数は男性ホームレス保護施設に比べて圧倒的に少ないという。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。