北京・上海の不動産価格、短期的には値下がり傾向持続―中国

北京・上海の不動産価格、短期的には値下がり傾向持続―中国
北京市や上海市などの一線都市の不動産価格は、短期的にはこれまでの値下がり傾向が続き、力強い反転上昇はみられない見込みだ。写真は上海。(Record China)
社会科学院が14日に発表した「不動産青書:中国不動産発展報告NO.15(2018年)」によると、北京市や上海市などの一線都市の不動産価格は、短期的にはこれまでの値下がり傾向が続き、力強い反転上昇はみられない見込みだ。

また、これまで急速に値上がりしてきた二線都市、三線都市、四線都市だが、今後は上昇ペースが持続的に低下し、値下がりに転じる都市もあると予想される。北京晨報が伝えた。(提供/人民網日本語版)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。