着れば何でもバカ売れ!「消費影響力」ランキング、女優ヤン・ミーと俳優ショーン・ユーが第1位―中国

着れば何でもバカ売れ!「消費影響力」ランキング、女優ヤン・ミーと俳優ショーン・ユーが第1位―中国
25日、新聞メディアの第一財経が発表した人気タレントの「消費影響力ランキング」で、主演ドラマでのファッションも注目された女優ヤン・ミーがトップに選ばれている。写真はヤン・ミー。(Record China)
2018年5月25日、新聞メディアの第一財経が発表した人気タレントの「消費影響力ランキング」で、主演ドラマでのファッションも注目された女優ヤン・ミー(楊冪)がトップに選ばれている。人民網が伝えた。

【その他の写真】

第一財経ビジネスデータセンター(CBNData)はこのほど、電子商取引最大手のアリババ・グループ(阿里巴巴集団)との協力で、第1四半期の人気タレントの「消費影響力ランキング」(CBNData明星消費影響力榜)を公開。これは、消費者をどれほどけん引できるかというタレントの影響力をデータ化したもの。出演した広告の人気ぶり、メディアやSNSで紹介された「同モデル」の評判、ドラマや映画で着用した衣装ブランドの売れ行きなどが大きな要素となっている。

このランキングで1位に選ばれたのは女優のヤン・ミー。「空港ファッション」がたびたび話題になるファッションアイコンだが、「私のキライな翻訳官」「談判官」といった主演ドラマで着用したおしゃれな衣装も注目された。

2位は香港の俳優ショーン・ユー(余文楽)。おしゃれに敏感な人が常に注目し、男性が憧れるファッションアイコンのショーン・ユーは、展開するファッションブランド「MADNESS」の人気も依然高く、男性タレントで堂々トップに選ばれている。

3位は女優のファン・ビンビンで、最近では越境ECアプリ「小紅書(RED)」で紹介する美容品やコスメがバカ売れ。彼女が紹介した酒かす入りシートパックは、自身が「入手困難」と嘆くほど、あちこちで品薄状態となった。

TOP10の顔ぶれを見ると、最近ではかぶっていたバスケットハットが「かわいすぎる」と中国版ツイッターの検索ワードランキングでいきなり1位になった女優ディリラバ(迪麗熱巴)はじめ、人気ユニットTFBOYSのイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)、韓流グループEXO出身のルハン(鹿[日含])といったおしゃれな若手スターが顔をそろえている。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年5月26日の韓流記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。