今年の北京の大学受験者数は6.3万人、答案用紙の輸送は全行程GPS―中国

今年の北京の大学受験者数は6.3万人、答案用紙の輸送は全行程GPS―中国
北京教育考試院はこのほど、北京市は今年、計6万3073人から高考(中国大学統一入学試験)の出願を受け付けたことを明らかにした。このうち5万6370人は全国統一普通大学入試の出願者で、6703人は高等専門学校入試の出願者となっている。写真は北京大学。(Record China)
北京教育考試院はこのほど、北京市は今年、計6万3073人から高考(中国大学統一入学試験)の出願を受け付けたことを明らかにした。このうち5万6370人は全国統一普通大学入試の出願者で、6703人は高等専門学校入試の出願者となっている。北京市には試験区計17エリアと試験会場1872カ所が設けられる。新華社が伝えた。

北京教育考試院によると、答案用紙の輸送は、印刷工場から試験区までの全行程にわたり、公安による護送が実施され、GPSによる位置測定とビデオによるモニタリングが行われる。答案用紙が試験区に到着した後は、全方位型モニタリング体制が敷かれる。また、試験場内の事務室から会場へは「閉鎖型」専用ルートが設けられる。

試験期間中は、試験監督官と受験生に対して、持込禁止物品の検査などが行われ、試験会場の紀律は厳格に守られる。また、遠隔電子巡視システムの利用や巡視チームの結成といった方法で、各試験区の試験実施状況に対する巡回チェックが行われる。

北京では今年から、大学統一入試の外国語ヒアリング試験が年に2回実施されることになり、2回のヒアリング試験のうち、優れた方の成績をヒアリング以外の試験成績と一緒に、外国語科目の成績として総合得点に組み入れる。なお、北京市は2020年から「新大学統一入試方案」の実施をスタートする計画で、受験生は受験科目に自分の得意科目を選ぶことができる。現在すでに、高校1年生を対象とした普通高校学業レベル試験が実施されており、今後は総合的な資質評価も大学受験の合否判定指標の一つとして組み入れられる方針。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年6月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。