朝鮮半島が“最悪の台風被害地域”に変貌している?=韓国ネットから疑いの声「日本の間違いでは?」

朝鮮半島が“最悪の台風被害地域”に変貌している?=韓国ネットから疑いの声「日本の間違いでは?」
11日、韓国・東亜日報によると、朝鮮半島が世界で最も早く「台風被害に脆弱(ぜいじゃく)な地域」に変貌していることが分かった。資料写真。(Record China)
2018年6月11日、韓国・東亜日報によると、朝鮮半島が世界で最も早く「台風被害に脆弱(ぜいじゃく)な地域」に変貌していることが分かった。

米国立海洋大気庁(NOAA)国家環境情報センターのジェームズ・コーシン研究員は、1949?2016年に世界で発生した台風やサイクロン、ハリケーンなどの熱帯低気圧7585件の人工衛星観測資料を分析した結果を、6日付の学術誌「ネイチャー」で発表した。それによると、世界の熱帯低気圧の移動速度は68年で10%遅くなった。また韓国など東アジアの台風の速度は30%遅くなり、平均よりはるかに急激な変化を見せた。北米西部のハリケーン(20%)や豪州のサイクロン(19%)より変化の幅が大きかったという。

コーシン研究員は「太平洋北側の地域は台風の移動速度が最も遅い地域」とし、「降雨継続時間が増えて降雨量が増えると、波や風による被害が増加する可能性がある」と指摘した。

また台風の移動経路も朝鮮半島にとって不利になったという。コーシン研究員は1980?2013年に世界で発生した熱帯低気圧の移動経路と強度を分析し、2014年5月の「ネイチャー」と16年8月の「米国気象学会誌」でそれぞれ発表した。それによると、熱帯低気圧が最も強くなる地域は毎年5.3?6.2キロメートルずつ北側(北半球)または南側(南半球)に移動している。その変化を直接的に受けている場所が朝鮮半島付近だという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年6月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。