サッカーW杯ロシア大会、至る所で目にする「メード・イン・チャイナ」―中国メディア

サッカーW杯ロシア大会、至る所で目にする「メード・イン・チャイナ」―中国メディア
4年に1度のFIFAワールドカップが14日、ロシアで開幕。中国企業がワールドカップ特需に沸いている。写真はザリガニ。(Record China)
4年に1度のFIFAワールドカップが14日、ロシアで開幕。中国企業がワールドカップ特需に沸いている。新華社が伝えた。

浙江省杭州市蕭山区にあるオフィスビルで働く李智佳(リー・ジージア)さんは現在、同僚らと非常に忙しい毎日を送っている。杭州孚徳品牌管理有限公司は2013年7月から、FIFAから公式ライセンスを取得し、ワールドカップのマスコットを製造、販売しているため、ワールドカップ開催が近づくと、超繁忙期となる。

「14年のワールドカップの時は、在庫が残ったが、倒産はしなかった」。

06年のワールドカップドイツ大会の公式マスコットの縫いぐるみやキーホルダーなどを製造・販売したドイツのニキ社は倒産した。そして、14年の時は、李さんが所属する市場部にとっても、完全に手探りの状態で、ニキ社の二の舞は避けることはできたものの、売れ残った商品は単なる在庫となってしまった。

しかし、孚徳にとって、FIFAとの初めての提携では収穫もあった。ワールドカップブラジル大会終了後、FIFAは四大会計事務所を派遣して孚徳を審査し、その結果に非常に満足し、さらに「2014ワールドカップブラジル大会特別貢献賞」を授与した。

その時、FIFAに好印象を残すことができたため、李さんによると、「18年ワールドカップロシア大会の入札の時、FIFAから連絡があり、入札に参加する予定はないかと聞かれ、優先交渉権を得た」という。

FIFAからマスコットの設計図を受け取ってから、孚徳は3カ月でぬいぐるみを作り上げた。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年6月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。