死者170人以上の西日本豪雨は天災か?それとも人災か?―中国メディア

死者170人以上の西日本豪雨は天災か?それとも人災か?―中国メディア
西日本ではこのほど記録的な豪雨に見舞われ、平成史上最悪の水害となっている。日本メディアの報道によると、被害はさらに増え、11日午後10時現在のまとめでは、死者は13府県で176人になった。(Record China)
西日本ではこのほど記録的な豪雨に見舞われ、平成史上最悪の水害となっている。日本メディアの報道によると、被害はさらに増え、11日午後10時現在のまとめでは、死者は13府県で176人になった。この日、岡山、広島、佐賀の3県で計17人の死亡が確認されたが、安否不明者は依然として61人に上る。現在も行方不明者の捜索が続いており、この数はさらに増える可能性が高い。被災地は連日30度を超える暑さとなっており、断水も25万戸を超えており、復旧に影響を与えている。新華社が伝えた。

日本は地震や火山の噴火など、自然災害が多く、防災・警報メカニズムも整っている。そして、国民の防災意識も高い。にもかかわらず、今回の豪雨では、なぜこれほど多くの犠牲者が出てしまったのだろうか?

▼長時間降り続いた豪雨

被害がこれほど大きくなった理由の一つは、記録的な大雨が降り続いた点。活発な梅雨前線が長期間停滞し、西日本の多くの地域でその雨量が過去最多となった。

6月末以降、西日本の広い範囲では強い雨が降り続いた。日本の気象庁の統計によると、6月28日から7月8日までの積算雨量は、高知県の馬路村魚梁瀬で1852.5ミリ、本山町で1694ミリ、愛媛県石鎚山で965.5ミリに達し、7月としては過去最多の雨量となった。

8日の時点で、西日本各地では72時間の雨量の記録を更新し、愛媛県西予市宇和町で523.5ミリ、広島県呉市で465ミリ、山口県岩国市で444.5ミリに達した。NHKの報道によると、日本全国およそ1300カ所の雨量の観測点のうち、119カ所で統計を取り始めてから最高となり、48時間の雨量は123カ所で統計を取り始めてから最高となった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年7月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。