中国の王毅外相「一国主義と経済的覇権は受け入れられない」―中国メディア

中国の王毅外相「一国主義と経済的覇権は受け入れられない」―中国メディア
中国の王毅外相は30日に北京で英国のハント外相と第9回英中戦略対話を行った後、共同記者会見に臨んだ。王部長は米中貿易摩擦問題について次の立場を明らかにした。(Record China)
中国外交部ウェブサイトによると、王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は30日に北京で英国のハント外相と第9回英中戦略対話を行った後、共同記者会見に臨んだ。王部長は米中貿易摩擦問題について次の立場を明らかにした。以下はその内容。

貿易の自由化は国際社会の一致した共通認識であり、それ以上に阻むことのできない歴史の潮流だ。中国は常に自由貿易体制維持の側に立ち、歴史の正しい側に立っている。中国側は英側及び国際社会と共に、引き続き多国間主義プロセスを維持し、世界自由貿易体制と世界貿易機関(WTO)のルールを維持していくとの認識で、先ほど私とハント外相は一致した。

国と国との付き合いは人と人との付き合いと同じで、信用を基礎とし、事実を根拠とし、ルールを準則とする必要があることを強調したい。皆さんにいくつかの基本的事実を紹介したい。皆さんは客観的、理性的な判断をするものと信じる。

第1に、米中間の貿易不均衡の主たる責任は中国側にない。貿易はまず市場の自発的行為であり、中国が売買を強制したことはこれまでない。貿易構造も国際分業の自然な結果であり、中国の輸出品の多くは最終組立品であり、大量の中間製品は中国製ではない。また、米中間の貿易不均衡は米ドルの国際通貨としての地位、米国内の低貯蓄率と大量消費、及び米側のハイテク製品輸出規制などに由来する。したがって、米国の貿易赤字問題の根は米国自身にある。

第2に、黒字と赤字は是非を判断する基準というわけではない。実際には、米国は対中貿易で多くの実益を得続けている。例えば、大量の安価な資源と商品を獲得して、消費者の幸福を高め、米ドルの強い地位を支えてきた。米側のいわゆる「損をしている論」は理解に苦しむ。例えばスーパーで100元の商品を買った人が、商品を手に入れたのに「100元損した」と言う、そんなロジックが成立するだろうか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年7月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。