テコンVは日本のパクリじゃない判決、「パクリ大国」と言われた中国人はどう見る?

テコンVは日本のパクリじゃない判決、「パクリ大国」と言われた中国人はどう見る?
3日、ソウル中央地裁が韓国のロボットアニメ「テコンV」について、「日本のキャラクターの模倣には当たらない」との判断を示したことが、中国でも伝えられた。写真はテコンV。(Record China)
2018年8月3日、ソウル中央地裁が韓国のロボットアニメ「テコンV」について、「日本のキャラクターの模倣には当たらない」との判断を示したことが、中国でも伝えられた。

「テコンV」は、かねてより日本のアニメキャラクター「マジンガーZ」のデザインの盗作ではないかとうわさされてきた。このほど、株式会社ロボット・テコンVは、テコンVに似た玩具を販売した業者を相手取り、著作権侵害で訴訟を起こした。業者側は「テコンVは日本のマジンガーZを模倣したものであり、著作権法で保護される創作物には当たらない」と主張していた。

ソウル地裁は判決で、「テコンVとマジンガーZには外見上、明らかな違いがある」「韓国の国技であるテコンドーをテーマにしており、日本文化に基づいて作られたマジンガーZなどとは特徴が異なる」などと指摘。業者が販売した製品について、「消費者の多くがテコンVと認識しており、著作権侵害に当たる」として、被告に4000万ウォン(約400万円)の支払いを命じた。

中国では、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント・微天下が、3日に写真付きで伝えた。中国のネットユーザーからは、「そっくりだ」「ほぼ同じなのによくパクってないと言えるな」「これはマジンガーZへの侮辱」など、テコンVはマジンガーZの盗作に当たるという声や、「面の皮が厚いな」「韓国は中国の伝統的な祝日までも奪おうとした」と韓国を批判する声が見られた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月3日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。