高齢者が起業・再就職、日本は「人生100年時代」へ―中国メディア

高齢者が起業・再就職、日本は「人生100年時代」へ―中国メディア
中国では、高齢者で再就職する人は少数派だ。だが早くも「少子高齢化社会」に突入した日本では、働く高齢者が少しも珍しくない。日本の高齢者はどんな仕事に就いているのか。働く目的は何だろうか。資料写真。(Record China)
中国では、高齢者で再就職する人は少数派だ。だが早くも「少子高齢化社会」に突入した日本では、働く高齢者が少しも珍しくない。日本の高齢者はどんな仕事に就いているのか。働く目的は何だろうか。銭江晩報が伝えた。

■同僚は全員高齢者

徐清さん(仮名)は日本で働いて長く、あちこちで高齢者が働く様子を目にして深い感慨を覚えたという。

徐さんは珍しい野菜畑を訪ねたことがある。栽培も管理も輸送もすべて60歳以上の高齢者が担う野菜畑だ。「ここで働く人はみんな大手農業企業の研究室で野菜の栽培を手がかけてきた人たちで、退職後に起業した。トラックのコンテナで野菜を栽培し、育ったらそのまま運ぶ。温度管理や水管理が適切で、ここの野菜は非常に人気があった」という。

浙江省紹興市出身の傅婉蓉さん(25)は金沢大学の大学院で学んで2年目になる。専門は社会福祉で、卒業論文のテーマを高齢者の就職とし、この分野に特に注目している。

傅さんは、「日本では、退職しても働く人が非常に多い。空港の係員、スーパーの従業員、駐車場の警備員などのサービス業で働く高齢者を最もよく見かける」と話す。

傅さんは普段、スーパーの野菜売り場でアルバイトしており、現場の15人の働き手は60歳を超えた高齢者が大半を占め、さらにほとんどが女性だという。

傅さんの観察によると、「うちのアルバイトの高齢者には経済的理由で働く人もいれば、暇つぶしという人もいる。アルバイトが社交のような、いろんな人に出会える機会になっている」という。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。