新生児パンダの口元に傷、獣医が9針の縫合処置に成功―中国

新生児パンダの口元に傷、獣医が9針の縫合処置に成功―中国
成都ジャイアントパンダ繁育研究基地は1日、同基地で飼育されているパンダ「園潤」が7月31日に1頭のメスパンダを無事出産したことを明らかにした。赤ちゃんパンダの出生時体重は151.8グラム、「潤九」と名付けられた。(Record China)
成都ジャイアントパンダ繁育研究基地は1日、同基地で飼育されているパンダ「園潤」が7月31日に1頭のメスパンダを無事出産したことを明らかにした。赤ちゃんパンダの出生時体重は151.8グラム、「潤九」と名付けられた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

「園潤」は2012年8月25日、同基地で生まれた。「園潤」にとって、今回は初めての出産となった。「園潤」は7月31日午前10時24分に破水、12時56分に「潤九」を無事出産した。今回が初産であり、赤ちゃんパンダが産道をスムーズに通れなかったため、「園潤」はわが子と対面したとき、やや戸惑った表情を見せたという。

このような状況で、基地のパンダ飼育チームは直ちに生まれたばかりの赤ちゃんパンダを母親の「園潤」から引き離し、各項目の身体検査を実施した。その際、赤ちゃんパンダの口もとから頚部にかけて、長い傷跡があるのが偶然見つかった。飼育員は、母親の「園潤」が、赤ん坊を抱こうと繰り返し試みた時に子どもを傷つけたのではないかという疑いを持った。そして、基地の飼育・管理チームは直ちに獣医チームに連絡し、治療を始めた。基地の副主任であるパンダ専門家の王成東氏を筆頭とする専門家チームは直ちに、「園潤」が子供に傷を負わせた状況について詳細な観察・研究を進め、赤ちゃんパンダの傷を縫合することを決定した。9針縫う縫合手術は順調に進んだ。

基地は現在、24時間体制で「潤九」を監視・管理している。「潤九」は2時間ごとにお腹を空かせてお乳を求めており、各種生理的指標も極めて正常で、飼育員も根気強く哺乳を行っている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月5日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。