北京で家賃高騰、平均7万8000円に―中国

北京で家賃高騰、平均7万8000円に―中国
卒業シーズンを迎え、賃貸住宅市場がシーズンを迎えている。需要が爆発的に高まるなか、北京の賃貸住宅市場は物件が増加すると同時に家賃も高騰し、同市場に今年2回目のオンシーズンが到来している。写真は北京のマンション。(Record China)
卒業シーズンを迎え、賃貸住宅市場がシーズンを迎えている。需要が爆発的に高まるなか、北京の賃貸住宅市場は物件が増加すると同時に家賃も高騰し、同市場に今年2回目のオンシーズンが到来している。証券日報が伝えた。

不動産仲介サービス大手・我愛我家集団研究院の統計によると、2018年1~7月期、北京の賃貸住宅市場の成約数が前年同期比14.4%増となった。うち、7月の一般賃貸住宅の成約数が前月比で12.2%増、アパートの成約数が同比11%増だった。

家賃を見ると、7月、北京の賃貸住宅の1カ月当たりの家賃は1物件あたり平均4902元(約7万8000円)と前月比2.9%上昇した。上昇幅は前月比で1.3ポイント縮小した。うち、一般賃貸住宅の家賃が前月比6.2%上昇、アパート(アパート運営)の家賃が同比1.4%上昇した。

■家賃が高騰

最近引っ越したというある賃貸住宅利用者は、「最近、前住んでいた借家の契約が切れたので、物件をいくつか見たが、家賃が全体的に上がっていると感じた。2LDKの家賃なら、アクセスがそんなに便利でない地域でも7000元(約11万2000円)以上している。前に住んでいた物件も家賃が約1000元(約1万6000円)上がった。いい場所にあり、内装もきれいな物件、例えば、長期間住むアパートなどは、電気製品や家具がほぼ揃っており、私も長年家具が揃っている賃貸住宅に住んでいるが、そのような物件は家賃が高くて手が出ない。でも、長期間住むアパート以外の賃貸住宅の家賃も今は上がっている」と肩を落とす。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。