酷暑で「高温経済」が過熱、避暑・エアコン・ザリガニ…―中国

酷暑で「高温経済」が過熱、避暑・エアコン・ザリガニ…―中国
酷暑が「高温経済」をヒートアップさせている。写真は夏に人気のザリガニ料理。(Record China)
酷暑が「高温経済」をヒートアップさせている。気温40度の焼けるような暑さの中、企業はこれをチャンスに「クール事業」を次々に展開し、暑さ対策の「クール消費」が人気を集めている。エアコンが飛ぶように売れ、プールはどこも黒山の人だかり…目端の利いた企業は酷暑をチャンスに変え、高温だからこその国内総生産(GDP)を次々に生み出している。それだけではない。調査によると、高齢者の76.1%が「避暑に出かけたい」と答え、学生の63.1%が「旅行に行く計画がある」と答えた。市場の供給状況をみると、今年は避暑旅行商品が大幅に増加しており、選択肢がより広がり、コストパフォーマンスがさらに上昇していることがわかる。工人日報が伝えた。

■避暑旅行市場の利益が3000億元突破

2018年第3四半期には「かまど都市」の人々で「旅行に行きたい」という人が82.1%に達し、16年に比べて1.1ポイント上昇して、避暑旅行市場のニーズがさらに拡大した。旅客資源の供給地をみると、長江ベルト地域、北京・天津・河北地域、珠江デルタ地域といった経済が発達し、人口が密集し、かつ気温が高い地域の避暑ニーズがとりわけ旺盛だ。

中国観光研究院と携程旅行網が共同で発表した報告書「2018年夏休み期間旅行ビッグデータ報告」によると、中国の多くの都市が酷暑を迎えるのにともない、今年7月と8月には中国人観光客が世界の避暑旅行市場を牽引する最大のパワーになり、その消費額は3000億元(約4兆8000億円)を超えた。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。