韓国で暮らす日本人シングルマザーの苦悩=韓国ネット「国籍を変えるしかない」「韓国人も苦しい」

韓国で暮らす日本人シングルマザーの苦悩=韓国ネット「国籍を変えるしかない」「韓国人も苦しい」
6日、韓国・ノーカットニュースは、韓国籍の娘を持つある日本人シングルマザーの苦悩について報じた。写真は韓国。(Record China)
2018年8月6日、韓国・ノーカットニュースは、韓国籍の娘を持つある日本人シングルマザーの苦悩について報じた。

記事によると、日本国籍の田中さん(56・仮名)はソウル市内にある壁にびっしりカビが生えた33平方メートルほどの地下の部屋で、韓国籍の娘2人と暮らしている。韓国人夫の暴力と稼ぎの少なさに疲れて昨年離婚したが、すぐに「無住宅者(住所不定)」という悲しい現実が待ち受けていた。低所得母子家庭として提供された現在の仮住まいも、保護期間3年になる来年には出て行かなければならない状況だ。

田中さんは、ソウル住宅都市公社(SH)と韓国土地住宅公社(LH)が提供する「チョンセ(韓国特有の住宅保証金制度)支援」や「賃貸住宅の優先順位」の対象者だ。また韓国の片親家族法でも、支援対象の一つとして「大韓民国国民と婚姻し、韓国国籍の児童を育てる国内滞在の外国人」を認めている。しかし田中さんは「何度申請しても断られた」という。

ところが、ノーカットニュースが片親家族法についてLHとSH本社に問い合わせた結果、「一部の賃貸住宅については外国人の親にも支援可能」との回答があったそうだ。記事は「外国人という理由からコールセンター段階で断られていた」と指摘している。

韓国の育児政策研究所によると、国際結婚の離婚率は韓国人同士よりも高く、専門家は「片親で多文化家族、さらに韓国国籍でない人たちは、二重三重の死角地帯に置かれている。片親が外国人の子どもも韓国の子どもであることに変わりなく、関連支援がなされるべきだが、その支援制度でさえ現場では十分に活用されていない」と指摘している。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。