高速鉄道との競争で国内航空路線の収益が低下―中国

高速鉄道との競争で国内航空路線の収益が低下―中国
中国の航空市場はこの数年、世界で最も成長が著しい航空市場の一つであり、世界の航空成長源の25%を中国が占めている。しかし高速鉄道との競争によって空路の収益のレベルは大幅に低下している。写真は上海虹橋国際空港。(Record China)
民用航空データ分析機関CADASは北京で15日、「2018年CADAS航空市場すう勢報告」を発表した。報告によると、中国の航空市場はこの数年、世界で最も成長が著しい航空市場の一つであり、世界の航空成長源の25%を中国が占めている。しかし高速鉄道との競争によって収益が低下傾向にあり、航空会社が高速鉄道開通に先立ち、すでに輸送力を抑制する方向に調整したにもかかわらず、空路の収益のレベルは依然大幅に低下を示している。人民網が伝えた。

■国際線の成長をめぐる分析

2007年から2013年までの7年間に、中国は計24路線の国際線路線を新規就航させており、2018年の現時点で、国内の航空会社は計78路線の国際線路線を就航している。国内航空各社が国際線路線を積極的に就航させる原因の一つとしては、中国経済の発展によってもたらされている海外への需要のほか、各地方政府がここ数年、航空業に対する補助金を増加する政策を講じてきたことが挙げられる。地方政府による新規路線就航の需要が高まると同時に、ワイドボディー機を積極的に導入する中国の航空会社が増加の一途を辿っている。

■格安航空会社は中距離・長距離路線への進出に意欲的

LCC(格安航空会社)は、旅客輸送量および輸送力の面で増加傾向を維持しており、中距離・長距離路線への進出に意欲的だ。路線別運航数でみると、アジア・太平洋、欧州、北米エリアが、LCCにとっての世界三大航空市場となっている。ワイドボディー機の注文・購入数については、LCCが現在運航している機体の88%をワイドボディー機が占めており、世界平均レベルを大きく上回っている。大西洋路線市場におけるLCCの成長もフルサービス航空会社(FSC)を上回っており、今後の成長の可能性も計り知れない。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。