アジア大会、得意競技で日中対決の火花散る―中国メディア

アジア大会、得意競技で日中対決の火花散る―中国メディア
北京を出発する前はアジア競技大会に対する関心はスポーツ界からしか感じ取れなかったが、ジャカルタに到着すると、この都市が醸し出すアジア競技大会の熱気に飲み込まれてしまった。写真はバドミントンの桃田賢斗。(Record China)
北京を出発する前はアジア競技大会に対する関心はスポーツ界からしか感じ取れなかったが、ジャカルタに到着すると、この都市が醸し出すアジア競技大会の熱気に飲み込まれてしまった。街頭を飾る同大会のマスコットキャラクターと宣伝スローガンが、第18回アジア競技大会がスタートすることを人々にひっきりなしに告げていた。工人日報が伝えた。

アジア競技大会は4年に1度開催されるアジア各国のスポーツの実力を全面的に示す戦いだ。それは今年も例外ではなく、中国や日本といったアジアのスポーツ強国の対抗は、どのような火花を散らすのだろうか。

■アジアの覇者の地位守る中国

8年前の広州アジア競技大会で、中国代表はホームグラウンドの利を活かして金メダル199枚を含む416枚のメダルを獲得。この枚数はアジア競技大会で過去最多となった。

中国は今回大規模なチームを派遣しているが、新人選手の割合はなんと74.6%。そのため金メダルを含むメダル獲得数がある程度減少すると予想されているが、中国の各競技をカバーする人材の豊富さと全体的な実力の面では、今大会もアジアの覇者としての地位を守ることは難しくないとみられている。

■得意競技における日中対決に注目

アジア競技大会は常に日中韓の三つ巴の戦いとなるが、なかでも日中間の競争がより注目を集める。特に日本は2020年夏季五輪を開催するため、日中のスポーツ分野の駆け引きがさらに激しさを増すとみられている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月20日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。