日本中国友好協会が重慶訪問、重慶爆撃被害者・遺族の対日訴訟を支援―中国メディア

日本中国友好協会が重慶訪問、重慶爆撃被害者・遺族の対日訴訟を支援―中国メディア
日本中国友好協会荒川支部の高月昭支部長率いる一行が20日、重慶を訪問し、重慶爆撃民間対日賠償案原告団に対して、訴訟を支援する立場を表明した。写真は重慶爆撃六五大トンネル事件跡地。(Record China)
日本中国友好協会荒川支部の高月昭支部長率いる一行が20日、重慶を訪問し、重慶爆撃民間対日賠償案原告団に対して、訴訟を支援する立場を表明した。中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

第二次世界大戦期間中、中国を侵略した旧日本軍は、当時の国民党政府や南西内陸部の人々の抗戦する意志に打撃を与えるため、重慶に対して断続的に200回以上無差別爆撃を行い、その戦略爆撃は「重慶爆撃」と呼ばれている。爆撃による直接死傷者は3万2000人、間接死傷者は6600人に達したとされている。重慶爆撃の被害者や遺族などは2004年に賠償団を結成し、東京に30回以上足を運んで、日本政府を相手に訴訟を起こしてきた。

しかし、15年2月に一審の判決が、17年12月に二審の判決が下されたものの、結果は原告側の敗訴だった。判決は、重慶爆撃があったという歴史的事実は認めたものの、原告側の日本政府に対する謝罪と賠償請求は棄却した。現在、原告団は日本の最高裁判所に上訴し、賠償を求め続けている。

重慶爆撃の被害者遺族・倪世珍(ニー・シージェン)さんは、「母は亡くなるまで、日本政府に対して賠償を求め続けるよう私に言い続けていた」と、訪中代表団に母親の遺志を伝え、「母は爆撃で右足を負傷し、貧しかったため病院にも行くことができず、亡くなるまでその傷が完治することはなかった。足は化膿し、08年に亡くなるまで、膿汁が流れていた。戦争中に負った傷が、母に一生付きまとった。日中両国が歴史の教訓を銘記し、戦争を二度と起こさないようにしてほしい」と訴えた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月22日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。