海外帰国組の8割「給与は予想より低い」=人気トップは金融業―中国

海外帰国組の8割「給与は予想より低い」=人気トップは金融業―中国
北京・上海・広州などの大都市は依然、海外帰国組の間で人気の高い勤務地となっており、95%は「帰国後半年以内に仕事を見つけることができた」としている。写真は上海。(Record China)
グローバル化シンクタンク(CCG)とオンライン求人サイト・智聯招聘(Zhaopin.com)が19日に発表した「2018年中国海外帰国組就職・起業調査報告」によると、北京・上海・広州などの大都市は依然、海外帰国組の間で人気の高い勤務地となっており、95%は「帰国後半年以内に仕事を見つけることができた」としている。だが、同時に、海外帰国組の就職ポストと留学中の専攻レベルが釣り合っていなかったり、収入レベルも予想より低いという問題も存在していることが明らかになった。中国新聞網が伝えた。

海外に留学する主な理由として、海外帰国組の76%は「異国の文化や生活を体験し、自分の見聞を広めたかった」と答えたが、「将来、海外でのキャリア発展を計画していたため」と答えた人の割合は比較的低かった。このため、帰国後の選択として、「故郷でキャリア発展を希望し、生まれ育った土地ではないところに引っ越すつもりはなかった」とした海外帰国者は61%に上った。一方、故郷以外で就職した人のうち、北京で就職した人の割合は13%、上海は8%、広東は7%だった。

海外帰国組が勤務地を選ぶ際に大きな決め手となるのは、「経済発展スピード」であり、北京・上海・広州などの一線都市に人気が集中する一方で、東北地区や中西部地区は人材流出という危機に直面している。

国内における就職活動の方法をみてみると、海外帰国者は主に「オンライン求人サイトや求人アプリなどを通じて履歴書を送る」という方法を使っていた。うち、「帰国後半年以内に仕事を見つけることができた」人は95%に上り、「外国語能力と異文化コミュニケーション力の強さ」が国内でキャリア発展を進める上での最大の強みとなっている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年8月23日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。