中国の音楽フェスで日中の若者がごみゼロ活動―中国メディア

中国の音楽フェスで日中の若者がごみゼロ活動―中国メディア
日本環境教育ボランティアの秋吉楓さんが河北省の懐来天漠で開催された野外音楽フェスにおいて、中国と日本のNGOとNPOの若者を組織し、展開した「ごみゼロ活動」の状況を紹介する。(Record China)
長年にわたり、中国ではごく普通の、愛らしい日本の若者たちが常に活躍してきた。彼らは自身の知識と熱意を中国の地に捧げてきた。中には社会人になったばかりの若者もおり、中国語もほとんど話せないものの、努力と楽観的な姿勢で、異国の地で人としての価値を実現させようとしている。日本国際協力機構(JICA)が中国に派遣するボランティア、それがこうした若者たちだ。ボランティアたちは通常、1-2年間中国に滞在し、そのほとんどが条件的にも厳しい遠隔地や貧困地域へと派遣され、そこで教育や医療といった業務に従事し、現地の人々と一緒に生活する。人民網日本語版では「中国の日本人ボランティア」コンテンツにおいて、こうした日本人ボランティアたちが中国で経験したエピソードや思いを紹介する。

【その他の写真】

今回は日本環境教育ボランティアの秋吉楓さんが河北省の懐来天漠で開催された野外音楽フェスにおいて、中国と日本のNGOとNPOの若者を組織し、展開した「ごみゼロ活動」の状況を紹介する。日中両国のボランティアたちは今回の音楽フェスを通じて、ごみの分別をPRし、ボランティア同士の信頼関係を築いていった。秋吉さんは今後は自身の配属先である「自然の友」が独立して今回のような活動を展開し、さらに活動のレベルを向上させていければと願っている。

5月18-20日、北京から北に90km離れた河北省懐来天漠で開催された野外音楽フェスで日中のNGO・NPOの若者が手を携えてごみゼロ活動を行いました。同フェスは4万6000人の観客を誇るイベントです。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。