北京で古琴文化展が開催=孔子も愛した中国文化のシンボル、過去には古楽器が17億円で落札した例も

北京で古琴文化展が開催=孔子も愛した中国文化のシンボル、過去には古楽器が17億円で落札した例も
北京孔廟国子監博物館で8日、第1回北京古琴文化展が始まった。古琴は日本ではそれほど知られていないが、中国では自国文化を代表する楽器とされている。孔子も愛した紀元前から伝わる楽器だ。(Record China)
北京孔廟国子監博物館で8日、第1回北京古琴文化展が始まった。会期は10月8日まで。古琴(グーチン)は日本ではそれほど知られていないが、中国では自国文化を代表する楽器として高く評価されている。孔子も愛した紀元前から伝わる楽器だ。

【その他の写真】

北京孔廟は山東省曲阜孔廟に次ぐ中国第2の規模の孔子廟で、元・明・清の3代にわたり宮廷が孔子に対する祭礼をする場所だった。国子監は元・明・清の3代に渡り中国における最高学府だった。北京孔廟と国子監は隣接しており、現在は北京孔廟国子監博物館として機能している。

第1回北京古琴文化展では考古学上の成果を含めて紀元前からの古琴の変遷を紹介し、関連する文献も紹介。また、ミニコンサートも毎日開催されている。中国では唐代(618~907年)ごろから「机と椅子」の生活が定着したが、古琴文化展のミニコンサートでは、床の上に座布団を置いて座るという古い時代のスタイルが取り入れられている。

古琴は日本の「琴(こと)」とは異なる楽器だ。日本にも遣唐使などに伴い伝わり、正倉院にも御物がある。また、源氏物語では光源氏が奏でる楽器としての記述がある。しかし日本では古琴の伝統が廃れ、中国では「筝」と呼ばれる楽器にも「琴」の字が当てられるようになった。なお、「古琴」の名称は近代以降のもので、歴史的な楽器名は「琴(チン/きん)だった。中国では、現在も演奏が可能な「琴」としては唐代に作られた楽器も残っている。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。