日本経済が成長軌道に回帰、今後鈍化する可能性も―中国メディア

日本経済が成長軌道に回帰、今後鈍化する可能性も―中国メディア
日本政府が10日に発表した2次速報データによると、今年第2四半期の日本経済の国内総生産(GDP)実質成長率(年率換算)は3.0%で、予測値の2.6%を上回り、1次速報の1.9%も上回った。写真は関西国際空港。(Record China)
日本政府が10日に発表した2次速報データによると、今年第2四半期の日本経済の国内総生産(GDP)実質成長率(年率換算)は3.0%で、予測値の2.6%を上回り、1次速報の1.9%も上回った。成長率は16年1-3月期以来、9四半期ぶりに3%を超え、世界3位のエコノミーの日本が成長軌道に戻ったことがうかがえる。だがアナリストは、「相次ぐ自然災害や貿易摩擦の影響により、日本経済の増加ペースは今後鈍化する可能性がある」との見方を示す。経済参考報が伝えた。

■内需が経済を牽引

今年第1四半期、日本のGDPは前期比0.2%減少してマイナス成長となり、28年続いた戦後最長の景気回復局面が終わった。だが今年第1四半期の短期的な低迷を経て、第2四半期のGDP2次速報値は経済が再び回復傾向に転じたことを示した。名目GDPは0.7%増加で、年率換算では2.8%増加となった。成長率は1次速報値の1.7%を大幅に上回り、17年7-9月期(3.2%)以来の最高水準に達した。総固定資本形成の増加と国内需要の増加が日本経済の回復を後押しした要因となっている。

グローバル貿易情勢の緊張、一連の自然災害などが、同期の経済成長に対する人々の懸念を拡大したが、GDPの60%を占める個人消費は前期比0.7%増加し、18年1-3月期の0.2%減少からプラス成長に転じた。特に自動車の牽引的役割が目立ち、外食サービス産業も成長率上昇に小幅に寄与した。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。