サムスンは堂々と、アップルは閉鎖的…業界を跨ぐ自動車開発、各社の目論見とは―中国メディア

サムスンは堂々と、アップルは閉鎖的…業界を跨ぐ自動車開発、各社の目論見とは―中国メディア
コンシューマー電子機器の大手がこのほど、自動車製造をめぐり動きを活発化しており、新たな情報が次々と伝わっている。大規模な新エネ車市場を目の当たりにした大手は、自動車産業への野心を隠せなくなっている。写真はテスラ。(Record China)
コンシューマー電子機器の大手がこのほど、自動車製造をめぐり動きを活発化しており、新たな情報が次々と伝わっている。大規模な新エネ車市場を目の当たりにした大手は、自動車産業への野心を隠せなくなっている。自動車産業はもはや伝統的な自動車メーカーだけの世界ではなくなった。AI(人工知能)技術により、ダイソン、百度、360などの大手も新エネ車分野に進出している。証券日報が伝えた。

■アップルが秘密裏に自動車開発、サムスンはサプライヤーに

アップルの自動車開発は風も通さぬほどの機密事項だ。このほど、アップルの自動運転車に事故が生じたという情報が伝わり、社内の自動車開発プロジェクトがさらに明るみに出た。

アップルは当初「タイタン」と呼ばれる自動車開発計画を始めていた。アップルの自動運転車チームは、「タイタン」の研究における最も突出した要素だ。情報によると、アップルの5000人以上の社員が現在、自動運転車の研究を行っており、自動車用回路基板とチップの大々的な開発も行われているという。アップルはテスラから社員を50人ほど引き抜いている。アップルは今年さらにテスラの運転補助システム「Autopilot」、品質保証、動力システム、機械設計、ファームウェアなどの人材を募集している。

アップルの閉鎖的な自動車開発と違い、サムスンは堂々としている。

サムスングループの李健熙会長は1994年に「サムスン自動車」を設立したが、1998年のアジア通貨危機によりこの資産をルノーに譲渡した。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。