<コラム>中国3隻目の空母は電磁カタパルトを装備か?

<コラム>中国3隻目の空母は電磁カタパルトを装備か?
中国の軍事力に関するアメリカ国防総省の年次報告書で「中国は2018年に最初のカタパルト装備の空母の建造をはじめたと見られる」と書かれている。写真は中国の空母・遼寧。(Record China)
中国の軍事力に関するアメリカ国防総省の年次報告書が、2018年8月に公開された。報告書には以下のように書かれている。

「中国は2018年に最初のカタパルト装備の空母の建造をはじめたと見られる。この空母はさらに多くの戦闘機、固定翼の早期警戒機を運用でき、より迅速な航空任務を行うことができる」

すでに2018年1月4日付で、香港を拠点する英字メディア、サウスチャイナ・モーニング・ポストが、中国上海にある造船会社「江南造船」は、中国3隻目(国産2隻目)の空母の建造をはじめていると報道している。

現在、中国海軍は猛烈な速度で近代化を進めている。ここ10年で中国の造船所は100隻以上の軍用船舶を建造してきた。中国ポータルサイト新浪(2018年8月7日付)によると、フランスのフィガロ新聞が、中国は4年間で全フランス海軍の規模に相当する艦隊を建造し、さらには全地球規模の海軍戦闘艦を建造する計画を実行している最中である、と報道したという。同記事によると、中国海軍は今年中に、国産はじめての002型空母、および1隻の055型駆逐艦、3隻の052D駆逐艦、3隻の054A型フリゲート、1隻の071型揚陸艦を受領する見込みで、その総トン数は11.87万トンをくだらないとしている。確定したものではないが、中国は4隻目の空母もすでに建造しはじめているという報道もある。

台湾メディア中時電子報(2018年6月12日付)は、中国軍事解説者陳光文氏の発言を掲載している。002型空母は船台上での建造がはじまってから進水までに28カ月かかったという。これは遼寧のときの半分あまりの時間である。陳光文氏の予測では、003型空母の建造期間はさらに短くなり、船台上での建造がはじまってから、20カ月はかからないだろうとしている。この推測がもしも正しく、003型空母の船台上での組み立てがすでにはじまっていれば、2019年末か、あるいは2020年初には正式に進水できるとしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年9月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。