アップルの超高価格新機種、中国ブランドにチャンス?―中国メディア

アップルの超高価格新機種、中国ブランドにチャンス?―中国メディア
北京時間13日未明、米アップル社は新製品発表会で携帯電話の新モデル3機種を発表した。このうち価格が最も高いのはiPhone XS Maxの512ギガバイト(GB)モデルで1万2799元(約20万円)となり、普及版のiPhoneでは過去最高値を更新した。(Record China)
北京時間13日未明、米アップル社は新製品発表会で携帯電話の新モデル3機種を発表した。このうち価格が最も高いのはiPhone XS Maxの512ギガバイト(GB)モデルで1万2799元(約20万円)となり、普及版のiPhoneでは過去最高値を更新した。「世界一高いiPhoneではないが、普及版としては価格はMAX」で、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が率いるアップルが、携帯電話のぜいたく品ブランド化の道をひた走っていることは確かだ。そして新製品発表会よりも「熱かった」のはネットユーザーたちから次々に寄せられるツッコミで、華為(ファーウェイ)の余承東(ユー・チョンドン)CEO(消費者業務担当)までもが思わず中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「やられた!でも『アップルファン』のがっかり(するような高値)により、中国国産携帯電話はハイエンド端末市場で失地回復の貴重なチャンスを迎えることができるのでは?」とつぶやいた。北京日報が伝えた。

■革新は少なめ、値上がりは多め

クック氏は発表会でアップルファンに向かい、「アップルは『S』シリーズをバージョンアップする方向性を維持し、ディスプレイサイズが5.8インチのiPhone XSと6.5インチのiPhone XS MAXの2種類を打ち出す」と発表。今回発表された9モデルのうち、6499元のiPhone XR 64GBモデルが最も低価格で、その他は中国国産端末がこれまで到達したこともないような超高価格だ。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年9月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。