米中貿易戦争、トランプ米大統領は高関税の第3弾発動、報復表明の中国、「関税以外にも切り札」と海外メディア

米中貿易戦争、トランプ米大統領は高関税の第3弾発動、報復表明の中国、「関税以外にも切り札」と海外メディア
米中貿易戦争でトランプ米大統領は24日、中国からの輸入品2000億ドルに高関税を課す第3弾の制裁に踏み切る。中国は報復を表明。海外メディアは「中国は関税以外にも多くの切り札を手にしている」と報じている。写真は米連邦議会の建物。(Record China)
トランプ米大統領は21日、知的財産侵害を理由に中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)に24日から追加関税を課す制裁に踏み切った。高関税発動の第3弾で、中国は直ちに報復措置を表明。海外メディアは関税以外にも「中国は、まだ多くの切り札を手にしている」と報じている。

米側措置の第3弾は家電、家具など幅広い消費財を含む5745品目が対象。当初の追加関税は10%で来年1月からは25%に引き上げる。第1弾(7月6日発動)の340億ドル(約3兆7400億円)、第2弾(8月23日発動)の160億ドル(約1兆7600億円)と合わせると、2500億ドル(約27兆5000億円)に達し、中国からの輸入額の約半分となる。

これに対し、中国商務部は18日、「中国は同時に反撃せざるを得ない」との報道官談話を発表。液化天然ガス、中型航空機など5207品目の米国からの輸入品600億ドル(約6兆6000億円)に10%か5%の関税を上乗せすると決定した。北京時間の9月24日午後0時1分から実施する。

過去2回の報復措置は米国と同額だったが、今回は米側の3分の1以下。中国の米国からの昨年の輸入額は約1500億ドル(約16兆5000億円)で、「等価報復」には限界があるためだ。

一方、トランプ大統領は中国が第3弾に報復すれば2670億ドル(約30兆円)を対象に加えると言明。中国からのすべての輸入品への制裁も辞さない構えを示し、対米貿易黒字の削減を強く迫ったが、中国が報復しようにも発動済みの500億ドルと今回の600億ドルを引くと、対米関税をかけられる余地は残り400億ドルにすぎない。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年9月22日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。