日中民間団体、伝統衣装を贈呈し合う文化交流イベント―福建省

日中民間団体、伝統衣装を贈呈し合う文化交流イベント―福建省
日本に伝えられた中国の文化に対して謝意を表すため、日本公益社団法人服飾文化研究会は28日に中国福建省で漢服文化促進会に対し、100年の歴史を持つ着物を贈呈した。(Record China)
日本に伝えられた中国の文化に対して謝意を表すため、日本公益社団法人服飾文化研究会は28日に中国福建省で漢服文化促進会に対し、100年の歴史を持つ着物を贈呈した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

贈呈式は福州市三坊七巷文儒坊福建漢服天下体験館で行われ、日中の伝統衣装文化体験や漢服と着物の着付け文化展示、日中伝統茶芸展示、漢服展示といった一連のイベントが行われ、異なる角度から両国の文化の歴史の源流を披露した。

今回贈呈された「松竹梅柄黒地振袖ちりめん着物」は大正時代に作られた美しい着物で、約100年の歴史があり、日本の中産階級が花嫁衣装として使用した伝統的な着物となっている。着物に描かれている松竹梅などの図案だけでなく、その織りから、染め、刺繍といった技術はいずれもその昔、中国から日本に渡った技術となっている。

日本公益社団法人服飾文化研究会長の渡辺智恵さんは、「現存している文化財の多くは、かつて中国から日本に伝えられたものが多い。その後、日本人は日本の風土に合わせるために伝来した文化財にいくつかの革新を加えた。そして長い年月を経て、それらは日本に定着し、日本独自のものとなった。しかし、私たちが日本文化について話す時、中国との関わりを忘れてはいけない。今回の着物贈呈を通じて、私たちはより多くの中国人に中国文化が日本で長きに渡って重視されているということを伝えたいと望んでいる」と挨拶した。

返礼として、福建省漢服文化促進会会長の鄭[火韋]氏は日本公益社団法人服飾文化研究会に対し、宋・明代の伝統的な女性の礼服を元に作成された漢服の花嫁衣裳を贈呈した。この花嫁衣裳は、中華伝統衣装の文化的背景を表現していると言える。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年10月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。