中国語由来の英語表現「add oil」がオックスフォード英語辞典に収録、その意味は…―中国メディア

中国語由来の英語表現「add oil」がオックスフォード英語辞典に収録、その意味は…―中国メディア
中国語でがんばれを意味する「加油」を英語に直訳した「add oil」がこのほど世界で最も権威ある英語辞典「オックスフォード英語辞典」に収録されたというニュースが中国版ツイッターで話題を集め、多くのネットユーザーを興奮させている。(Record China)
中国語でがんばれを意味する「加油」を英語に直訳した「add oil」がこのほど世界で最も権威ある英語辞典「オックスフォード英語辞典」(OED)に収録されたというニュースが17日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で話題を集め、多くのネットユーザーを興奮させている。中国青年報が伝えた。

【その他の写真】

台湾メディアは14日、台湾東呉大学英語学部の曾泰元准教授の文章を掲載し、「OEDが3カ月に1度の更新をこのほど実施し、その更新でおよそ1400の新しい単語が収録された。その一つが『add oil』だ」とした。

OEDは、「『add oil』は、香港から使われ始めた英語表現で、励ましや激励、応援の意。英語の『go on!』や『go for it!』に相当する」と解説している。

中国語の「加油」を英語に直訳した「add oil」は、もともとは中国語を無理やり直訳したデタラメな英語表現であり、英語の教師からは批判され、間違いと指摘される類の英語表現だった。しかしその後、巷で流行し、ついには世界で最も権威ある英語辞典「OED」にまで収録され「合法的地位」を得るとはだれが予想したことだろう?

■その他にも実は結構収録されている中国語由来の英単語

実はこれ以外にも実は辞書に収録されている中国語由来の英単語は結構あることを知っているだろうか?ここではその代表的な単語をピックアップしてみよう。

「jiaozi」(餃子):薄い皮に豚ひき肉やキャベツ、ニラなどの具を三日月型に包んで作る日本でもおなじみのギョーザ。焼いたり、揚げたり、茹でたりとその調理法もバラエティに富んでいる。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年10月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。