田中角栄氏から始まる日本首相の16回の訪中を振り返る―中国メディア

■第7回訪中

時期:1991年8月10-13日

首相:海部俊樹

訪問地:北京

主な活動:楊尚昆国家主席と会談、江沢民総書記と会談など

楊主席は海部首相との会談時「首相の訪中は日中関係の全面的回復を示すものだ」と語った。

■第8回訪中

時期:1994年3月19-21日

首相:細川護煕

訪問地:北京

主な活動:江沢民主席と会談、李鵬総理と会談など

訪問期間中、日中両国政府は環境保護協力協定に調印した。

■第9回訪中

時期:1995年5月2-6日

首相:村山富市

訪問地:北京

主な活動:江沢民主席と会談、盧溝橋と中国人民抗日戦争記念館などを見学

村山首相は戦後日本の現職首相として初めて盧溝橋と中国人民抗日戦争記念館を見学した。1995年8月15日、村山首相は戦後50年にあたり日本政府を代表して談話を発表。歴史を直視したい考えを明確に表明し、侵略を認め、深い反省とおわびの意を表明した。

■第10回訪中

時期:1997年9月4-7日

首相:橋本龍太郎

訪問地:北京、瀋陽

主な活動:江沢民主席と会談、日中科学技術経済交流学術シンポジウムに書簡で祝辞、「九一八」事変記念館見学など

■第11回訪中

時期:1999年7月8-10日

首相:小渕恵三

訪問地:北京

主な活動:江沢民主席と会談、朱鎔基首相と会談、李鵬全人代常務委員長と会談、人民英雄記念碑に献花など

■第12回訪中

時期:2001年10月8日

首相:小泉純一郎

訪問地:北京

主な活動:実務訪問、江沢民主席と会談、朱鎔基首相と会談、盧溝橋を見学、中国人民抗日戦争記念館を見学など

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年10月26日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。