18年中国富豪400人番付、アリババのジャック・マー氏がトップに返り咲き―米フォーブス誌

18年中国富豪400人番付、アリババのジャック・マー氏がトップに返り咲き―米フォーブス誌
米経済誌フォーブスは25日、2018年度中国富豪400人番付を発表した。写真はアリババ。(Record China)
米経済誌フォーブスは25日、2018年度中国富豪400人番付を発表した。昨年の番付に入った400人のうち300人以上が資産を減らし、93人は今年の番付に入れなかった。今年も番付入りした富豪のうち、229人は資産額が昨年より目減りし、このうち約3分の1は資産減少率が20%を超えた。成都商報が伝えた。

今年は傘下のアント・フィナンシャルの株価上昇などにより、インターネット大手・阿里巴巴(アリババ)グループ取締役会代表のジャック・マー馬雲)氏が資産額346億ドルで、14年以来4年ぶりにトップに返り咲いた。ただ、マー氏の資産額は昨年より40億ドル目減りしている。2位は騰訊テンセント)取締役会代表の馬化騰氏で、資産額は昨年より62億ドル少ない328億ドルだった。昨年1位の中国恒大集団取締役会代表の許家印氏は3位に後退し、資産額は308億ドルで前年より約117億ドル少なく、約28%減少し、番付入りした富豪の中で資産の減少額が最も大きかった。

全体としてみると、今年の富豪たちの資産は昨年を下回る。昨年番付入りした400人のうち、300人以上が資産を減らし、93人が今年の番付から漏れた。番付にとどまった富豪のうち229人は昨年より資産を減らし、約3分の1は減少率が20%を超えた。

■おなじみのメンバー、株価下落で資産減少

ほぼすべての産業で資産総額が減少した。製造業の受けた打撃が特に大きく、番付入りした製造業の富豪は昨年の79人から今年は72人に減り、平均純資産額は21億ドルから18億ドルに減少した。昨年は番付に入った400人全員が資産額10億ドル以上だったが、今年は番付入りのハードルが8億4000万ドルに下がり、400人のうち10億ドルを超えたのは344人にとどまった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年10月27日の中国記事

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュース

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュース

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。