日韓関係は出口見えない「迷路」に、請求権協定覆した韓国最高裁判決、日本企業の賠償責任認める

日韓関係は出口見えない「迷路」に、請求権協定覆した韓国最高裁判決、日本企業の賠償責任認める
韓国の最高裁が第2次世界大戦中の徴用工に対する日本企業の賠償責任を認めた。1965年の日韓請求権協定を覆す判決で、日韓関係は出口の見えない迷路に入り込んだ。(Record China)
韓国の最高裁が第2次世界大戦中の徴用工に対する日本企業の賠償責任を認めた。1965年の日韓請求権協定で「解決済み」とされていたが、司法が覆した。韓国政府は「司法の判断を尊重する」と明言。日本政府は「あり得ない判決」と反発し、日韓関係は出口の見えない迷路に入り込んだ。

請求権協定の第2条1項には「日韓両国において国家はもちろん国民の財産、権利、請求権が完全かつ最終的に解決された」と明記している。日本政府は徴用工の個人請求権問題は請求権協定で解決済みとの立場だ。

韓国側も盧武鉉政権当時の2005年、国交正常化交渉に関する外交文書を公表し、「強制徴用に基づく賠償問題は政治的に解決された」と表明した。文在寅大統領は当時、大統領府民政首席秘書官として、この決定に関与した。朴槿恵前政権時代の2016年11月には日本政府の立場を否定しない趣旨の意見書を裁判所に提出している。

最高裁判決を受け、韓国の李洛淵首相は「司法の判断を尊重する」と言明。「政府は韓日の両国関係を未来指向的に発展させていくことを希望する」とも付け加えた。外務省報道官は「判決が韓日関係に否定的な影響を及ぼさないよう、韓日両国の知恵を集める必要性を日本側に伝えている」と語るにとどまった。

これに対し、安倍晋三首相は「請求求権協定で完全かつ最終的に解決しており、この判決は国際法に照らしてありえない判断。毅然(きぜん)として対応する」と強調した。河野太郎外相は李洙勲駐日韓国大使を呼び、「国際社会の常識では考えられない」などと抗議。聯合ニュースによると、駐日韓国大使が日本政府から呼び出されたのは、2012年8月に当時の李明博大統領が竹島(韓国名・独島)に上陸して以来約6年半ぶりという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年11月3日の中国記事

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。