韓国・文在寅大統領の支持率回復は北朝鮮の金正恩氏頼み?南北融和演出のソウル訪問に望み託す

韓国・文在寅大統領の支持率回復は北朝鮮の金正恩氏頼み?南北融和演出のソウル訪問に望み託す
韓国・文在寅大統領の支持率が48.4%と就任以来の最低となった。文大統領が支持率回復の切り札として望みを託しているのが、南北融和を演出する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のソウル訪問だ。写真は韓国。(Record China)
2018年12月7日、韓国・文在寅大統領の支持率下落が止まらない。最新の世論調査では50%を割り込み、48.4%と就任以来の最低となった。経済の不振が不支持の最大の理由とされる。文大統領が支持率回復の切り札として望みを託しているのが、南北融和を演出する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のソウル訪問だ。

聯合ニュースによると、韓国の世論調査会社「リアルメーター」が3日に発表した11月最終週の文大統領の支持率は、前週より3.6ポイント低い48.4%だった。9週連続で下落し、就任後最低を更新した。不支持率は4.1ポイント上昇の46.6%。支持率と不支持率の差は1.8ポイントで誤差の範囲内(プラスマイナス2.0ポイント)となった。

別の世論調査会社「韓国ギャラップ」による9月第1週の支持率(49%)でも50%台を割り込んだことはあったが、リアルメーターが今回発表した支持率はそれさえも下回った。不支持の理由について、リアルメーターは「雇用や投資の悪化の継続」や「経済回復に対する期待感の急落」などを挙げている。韓国ギャラップの同時期の調査でも、経済が不支持の最大理由だった。韓国経済に対する国民の不満が高まり続けていることを示した形だ。

文政権は昨年5月の発足当初、国民の期待を集め、80%以上の高支持率を記録した。朴槿恵前大統領が経済停滞や失業・雇用などを改善できないまま罷免され退陣したため、課題を引き継いだ文政権への期待が高支持率に込められていた。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月7日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。