中国漁船が水産庁職員乗せたまま逃走した事件、中国ネットでも話題に=「魚だけでなく人まで強奪」「日本人でよかった、韓国人なら…」

中国漁船が水産庁職員乗せたまま逃走した事件、中国ネットでも話題に=「魚だけでなく人まで強奪」「日本人でよかった、韓国人なら…」
27日、鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で11月、違法操業の疑いのある中国漁船が水産庁の職員を乗せたまま逃走した事件が中国でも伝えられた。ネットユーザーからは意外なコメントも寄せられている。写真は鹿児島近海。(Record China)
27日、鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で11月、違法操業の疑いのある中国漁船が水産庁の職員を乗せたまま逃走した事件が中国でも伝えられた。ネットユーザーからは意外なコメントも寄せられている。

新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・微天下は同日、日本の報道を引用する形で事件について報じた。11月5日、水産庁の取締船が違法操業が疑われる中国漁船2隻を発見。停船させたのち、職員12人が立ち入り検査を行った。しかし、漁船は職員を乗せたまま命令を無視して逃走し、漁を継続。半日近く経った後、取締船が接舷して職員を戻したという。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは「これはすごい(泣笑)」「(中国漁民は)人質を取ることを覚えたか」「日本の魚だけでなく、日本人まで強奪したのか(笑)」「12人いても漁船をコントロールできないって…」「中国の漁船は本当に逃げるのがうまい(笑)」「外交部はどうせ『聞いてません』って言うんだろうな」など、面白がるようなコメントが多く寄せられた。

また、「日本人は文明的だからな。韓国人に遭遇したら船は壊され、漁民は拘束される」「幸い相手が日本人だった。ロシア人なら問答無用で撃沈されてる」といった声も少なくない。

中には、最近の日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退表明と絡めた「違法操業?そっち(日本)は違法な捕鯨をしているだろう」というコメントも見られたが、これに対しては「日本の捕鯨に中国は賛成票を投じてる」「中国が毎年、フカヒレを食べるために違法に捕獲しているサメも少なくない」といった返信が寄せられ、少なからぬ“いいね”が付いている。中国のネット上では、捕鯨に関して日本批判が多くなる傾向があるが、今回は珍しく理性的なコメントが評価を得ている。(翻訳・編集/北田)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月28日の中国記事

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。