153人中152人が失踪したベトナム人ツアー客、8人確保―台湾

153人中152人が失踪したベトナム人ツアー客、8人確保―台湾
27日、観察者網は、台湾旅行中に153人中152人が失踪したベトナム人ツアー客のうち、8人を確保したと伝えた。写真は高雄市。(Record China)
2018年12月27日、観察者網によると、153人中152人が失踪した訪台ベトナム人ツアー客のうち、8人が確保された。

記事によると、台湾観光局は25日、4つの台湾ツアーに参加していたベトナム人計153人のうち、21日と23日に高雄から台湾入りした152人が行方不明になっていることを認めた。残った1人はツアーガイドで、あとは全員が観光を装った不法滞在が目的だったとみられている。

台湾移民署によると、4つの外勤大隊を動員し、監視カメラを調べるなどして全面的な調査を行っているという。記事によると、失踪したと報じられた152人のうち1人はツアーガイドで逃亡してはおらず。そのほか、3人は状況を見て自ら出国したという。

その後、専門チームが26日に嘉義県、彰化県、新竹県で3人を発見し確保。27日にも2人を確保したほか、3人の女性が自ら出頭した。移民署は、「この8人は多くの法律に違反しており、訪台の方法、受け入れ側のルートなどを調査しているところだ」と説明しているという。

移民署はまた、「この件についてはベトナムの出入国管理局にすでに連絡した。ベトナム側も事態を重視し調査を開始しており、共同で背後にいる黒幕を捜査している」と明らかにした。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月28日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。