中国環境部が「韓国のスモッグは中国の影響ではない」と反論も韓国メディアは信じず―中国メディア

中国環境部が「韓国のスモッグは中国の影響ではない」と反論も韓国メディアは信じず―中国メディア
29日、環球網は、中国政府が韓国のスモッグは中国の影響ではないと反論したものの、韓国メディアは否定的な見方を示したと伝えた。写真はソウル市。(Record China)
2018年12月29日、環球網は、中国政府が韓国のスモッグは中国の影響ではないと反論したものの、韓国メディアは否定的な見方を示したと伝えた。

記事は、28日に中国生態環境部の劉友賓(リウ・ヨウビン)報道官が、韓国の大気汚染と中国のスモッグとの関係について発表したことを紹介。観測データを基に「近年、中国の大気の質が大幅に上昇している中で、韓国ソウルのPM2.5濃度が基本的に安定して上昇している」こと、「空気汚染の成分から見ると、ソウル市15~17年のPM2.5濃度は、北京市や煙台市、大連市などよりも高い」こと、加えて「中国の専門家チームの分析によると、11月初めの気象条件では大規模な移流は発生していない」ため、ソウルの汚染物質の主な発生源は現地であると発表した。

ところが、これに対して韓国メディアは一斉に反論。韓国KBSテレビは、「スモッグは中国から来ているとの韓国の抗議に対し、中国はこれまで『科学的研究を通して真相を探る』との中立的な立場だったが、今回、公に否定してきたことは、その背景に何があるのかに注目できる」と報道。北京の韓国人情報筋によると、「中国はここ数年の大気改善で自信を深めており、今後も汚染物質は中国からという説を否定する可能性がある」という。

また、世界日報も北京の韓国人情報筋の言葉を引用し、「煙台や大連などの韓国に近い都市以外にも、中国のスモッグが韓国へ流れ着くルートは多くある」と指摘している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月29日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。