“情の国”韓国、今年も「顔のない天使」出現に称賛の声

“情の国”韓国、今年も「顔のない天使」出現に称賛の声
27日、韓国・ニュース1は、韓国南西部の全羅北道・全州で今年も「顔のない天使」が現れたと報じた。今年で19年目になるという。写真は韓国ウォン。(Record China)
2018年12月27日、韓国・ニュース1は、韓国南西部の全羅北道・全州で今年も「顔のない天使」が現れたと報じた。今年で19年目になるという。

全州市によると、40~50代とみられる男性が同日午前9時7分、市内のある住民センターに電話をかけ「地下駐車場入口に段ボールを置いた。恵まれない人たちの助けになれば」と告げた。職員が確認したところ、A4サイズの段ボールの中には、紙幣と硬貨計5020万1950ウォン(約500万円)が入った豚をかたどった貯金箱と、「少年少女家長(…さまざまな事情から親の扶養を受けていない子ども)の皆さん、頑張ってください。明けましておめでとうございます」と書かれた紙が入っていたという。

同男性は2000年4月に初めて「恵まれない人たちのために使ってほしい」と58万4000ウォンを置いてから、毎年このような寄付を続けているという。名前と顔を一度も公開したことがないことから「顔のない天使」と呼ばれており、18年間の同住民センターへの寄付額は計5億5813万8710ウォンに上る。寄付金は貧しい家庭に現金や現物で支給されたという。

市では、天使の善行をたたえるべく2009年12月に同住民センター横に記念碑を建て、今年3月には未来遺産保存委員会の審議を経て「顔のない天使」を100年後に全州の宝物になるという趣旨の「未来遺産」に指定。先日、住民センター入り口に天使記念館を設けたという。住民らも10月4日を「天使の日」に指定し、一人暮らしのお年寄りや少年少女家長など恵まれない人たちを助けるさまざまな活動を繰り広げているという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。