都市青年は「独身に焦り」、小鎮青年は「仏系」―中国独身者調査

都市青年は「独身に焦り」、小鎮青年は「仏系」―中国独身者調査
中国の独身者の傾向として、都市青年は「独身に焦燥感」、小鎮青年は「仏系」という特徴があるという。写真は中国人男性。(Record China)
2018年も終わりに近づき、婚活サイト「珍愛網」は、今年を総括した「2018年独身者調査報告」を発表した。同報告では、一線・二線都市に住む「都市青年」と三線・その他地域に住む「小鎮青年」の恋愛・結婚観の違いが分析されている。一線都市は、引き続き、独身者が多く住むエリアであり、彼らは、仕事が忙しく、ストレスが大きいといった特徴を備えている。これに対し、小鎮に住む青年は、自信がなく、社交性に欠ける傾向がある。「独身から脱出したい」という欲望は下降しており、「受け身」な姿勢の独身男女が7割を上回った。独身から抜け出すための主な方法は「お見合い」で、都市部の青年は「婚活アプリ」を、小鎮の青年は「親戚による紹介」を、それぞれ頼みの綱としている。恋愛・結婚相手に求める最低収入は、都市部の青年が8000元(約12万8000円)、小鎮の青年が3000元(約4万8000円)だった。北京晨報が伝えた。

■独身者の傾向:都市青年は「独身に焦燥感」、小鎮青年は「仏系」

珍愛網の調査データによると、「恋人いない歴」は、「3年以上」が最多で59.46%を占め、「2年(23.84%)」と「1年(16.7%)」がこれに続いた。このデータから、独身者の6割近くを占める「恋人いない歴3年以上」の人々にとって、独身から脱出することがますます難しいことが見て取れる。独身という状態に直面して、都市に住む独身者の約7割は、「ひとり者であることに焦りを感じている」と答え、「焦燥感」は、小鎮に住む独身者よりかなり強かった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。