中国製の無人機CH-4Bが撃墜される、中国メディアは「操作していたサウジ軍のミス」の見方

中国製の無人機CH-4Bが撃墜される、中国メディアは「操作していたサウジ軍のミス」の見方
30日、中国メディアの新浪網はサウジアラビア軍が保有する中国製無人機のCH-4Bがミサイルで撃墜された件について、サウジ軍の操作に問題があったとの見方を示した。写真はCH-4B。(Record China)
2018年12月30日、中国メディアの新浪網はサウジアラビア軍が保有する中国製無人機のCH-4B(彩虹-4B)がミサイルで撃墜された件について、CH-4Bに問題があったのではなく、操作や運用法に原因があったとの見方を示した。

CH-4Bは中国の航天空気動力技術研究院が開発した無人機で初飛行は2013年。中国以外にサウジアラビア、イラク、エジプトが採用した。空対地ミサイルを2機、誘導爆弾を2機搭載できる。

サウジアラビア軍のCH-4Bが23日、イエメンの反政府武装勢力であるフーシに撃墜されたという。サウジアラビアはイエメン内戦で政府側を支援し、自国軍部隊を展開している。CH-4Bの撃墜については動画も公開されており、ミサイル攻撃を受けたことは明らかだ。

そこでまず問題になるのは、CH-4Bを攻撃したミサイルの機種だ。新浪網は、歩兵でも操作できる簡易な「肩掛けミサイル」の場合、エンジンの燃焼時間は通常2~3秒間だが、動画ではCH-4Bを撃墜したミサイルのエンジンは7秒間作動していたと指摘。そのため、ミサイルはロシア製のR-73ミサイルだったの見方を示した。

R-73ミサイルは通常、航空機に搭載され空対空ミサイルとして使用される。射程は最大で30キロメートルだが、地上から発射され上空を狙う場合には射程が5キロメートル以下、高度は4000メートル程度が限界という。

一方で、CH-4Bの巡行高度は7000メートル前後だ。通常ならば地上から発射されたR-73に撃墜されることは考えにくい。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2018年12月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。