金正恩氏が35歳誕生日を中国で迎える特別な狙い―中国メディア

金正恩氏が35歳誕生日を中国で迎える特別な狙い―中国メディア
8日、ウィーチャット公式アカウント「牛弾琴」は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が7日から10日まで中国を訪問し、8日の誕生日を中国で迎える「特別な狙い」について分析する記事を掲載した。(Record China)
2019年1月8日、中国メディアの海外網によると、中国国営新華社通信傘下の「環球雑誌」副編集長、劉洪(リウ・ホン)氏が開設したウィーチャット(微信)公式アカウント「牛弾琴」は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7日から10日まで中国を訪問し、8日の誕生日を中国で迎える「特別な狙い」について分析する記事を掲載した。

記事はまず、「公式資料によると、彼(金正恩氏)は1984年1月8日に平壌で生まれた。今回の訪中日程は1月7日から10日まで。すなわち彼は35歳の誕生日を中国で過ごすことになる」とした。

その上で、「特別な節目の特別な人物による特別な訪問だ。間違いなく一連の特別なシグナルを伝えていると言うことができる」とし、次の3点を挙げた。

最初に挙げたのが「特別な友好」だ。記事は「米国がどう圧力をかけようと、他の国がどうけしかけようと、これは通常を超えた特別な友好だ。往来は、浮き沈みがあったものの、結局は頻繁だった。これは一部の国を失望させただろう。この80年代生まれ(金正恩氏)にとって4回目の訪中だ。昨年3月、彼は初の外遊で中国を訪れるのは特別な意思によるものだと明言した。これは中国の影響力を示すものであり、中国の外交は確かに特筆に価するものだ」とした。

次に挙げたのが「重大な変化に向けた立場のすり合わせ」だ。記事は「2回目の米朝首脳会談を目前に控えていることを考慮すると、今回の訪中が表敬訪問でないことは明白だ。重大な会合に単身乗り込むことは一種の勇気であるが、単独で敵陣に切り込むのは不安で簡単なことではない。思い出してみれば、この80年代生まれは、昨年の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との歴史的会談に先立ち初めて

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年1月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。