中国の外貨準備高、18年末は3兆727億ドル―中国メディア

中国の外貨準備高、18年末は3兆727億ドル―中国メディア
中国国家外貨管理局が発表した外貨準備高に関する最新のデータによると、2018年12月末現在、中国の外貨準備高は3兆727億ドルに上り、11月末比110億ドル増加し、増加幅は0.4%だった。写真は米ドル。(Record China)
中国国家外貨管理局が発表した外貨準備高に関する最新のデータによると、2018年12月末現在、中国の外貨準備高は3兆727億ドルに上り、11月末比110億ドル増加し、増加幅は0.4%だった。

同局の王春英(ワン・チュンイン)報道官(チーフエコノミスト)は、「2018年12月に、中国の国際収支は引き続き安定した運営状況を維持し、外国為替市場の需給は基本的にバランスが取れていた。年末には非米ドル通貨の対米ドルレートが小幅に上昇し、主要国の債権価格が上昇し、換算レートや資産価格が変化するといった要因が総合的に作用し合った結果、外貨準備高は小幅に増加した」と説明した。

王報道官は、「2018年通年をみると、外貨準備高には小幅の変動がみられたが、全体としては安定を保った。グローバル経済の成長が分化し、金融市場の変動が目立って拡大するという背景の下で、中国経済は健全な発展を維持し、人民元レートと市場の期待は全体的に安定し、国境を越えた資金の流動と国際収支が基本的バランスを維持し、中国の外貨準備高の安定に着実な基礎を提供した」と述べた。

また王報道官は、「2019年は中華人民共和国成立70周年にあたり、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的な完成のための重要な年だ。現在の国際環境は複雑で厳しく、グローバル経済情勢と金融市場の不確定性が上昇しているが、中国経済の発展には十分な強靱性と巨大な潜在力があり、経済が長期的に好転する流れは変わらず、外部からの衝撃と市場の変動に対処し、国境を越えた資金流動の全体的安定と外国為替市場の需給の基本的バランスを維持する条件が整っている。国内外の要因が総合的に作用し、中国の外貨準備高は全体として安定を維持する見込みだ」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年1月9日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。