これでタバコのポイ捨てがなくなる?吸い殻1キロと食用油を交換―陝西省西安市

これでタバコのポイ捨てがなくなる?吸い殻1キロと食用油を交換―陝西省西安市
陝西省西安市で画期的なタバコのポイ捨て対策が行われている。(Record China)
2019年1月7日、華商網によると、陝西省西安市で画期的なタバコのポイ捨て対策が行われている。

【その他の写真】

西安市新城区胡家廟は、タバコの吸い殻1キロにつき2リットルの食用油と引き換える活動を始めた。10日間で21キロの吸い殻が集まっており、1キロ当たり3600~4000本あり、21キロは約8万4000本になるという。

吸い殻を持ってくるのは清掃員が多いが、中には付近の住民も。吸い殻がたくさん捨てられているのは市場周辺だという。

この活動について、ネット上では「普及させるべき」「(ポイ捨て)という根本の問題から解決した方がいいのでは」と賛否が分かれている。また、「キロ当たりだと重さを水増しする人が現れるのでは」「うちの工場の喫煙室にバケツで山盛りになっている。持っていったらいくらになるかな」「男子寮は宝の山だ」「活動はいいことだと思うけど、ポイ捨ての罰則を厳しくすべき。その罰金を食用油の購入に充てたらいいと思う」などの意見も聞かれた。(翻訳・編集/藤井)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年1月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。