日本人の中国での思い出まとめた「心と心つないだ餃子」―中国メディア

日本人の中国での思い出まとめた「心と心つないだ餃子」―中国メディア
日中平和友好条約締結40周年を記念し、日本僑報社が主催、在日本中国大使館が後援した作文コンクール「第1回忘れられない中国滞在エピソード」の授賞式がこのほど、東京で開かれた。(Record China)
日中平和友好条約締結40周年を記念し、日本僑報社が主催、在日本中国大使館が後援した作文コンクール「第1回忘れられない中国滞在エピソード」の授賞式がこのほど、東京で開かれた。在日本中国大使館の程永華大使や日本僑報社の段躍中編集長、財務大臣政務官・伊佐進一氏、日中友好協会の顧問・小島康誉氏のほか、受賞者ら約150人が出席した。人民日報が伝えた。

「忘れられない中国滞在エピソード」は、中国に滞在した経験があったり、または現在滞在中の日本人が応募することができる作文コンクール。日本僑報社は受賞作品集として「心と心つないだ餃子」を出版し、日本の実店舗書店やオンライン書店で販売している。

授賞式には自民党の二階俊博幹事長から、「中国に滞在したことがある全ての日本人が、その貴重な経験を日中友好交流に十分生かすことを願っている。日本の多くの読者が読んだときの感動を胸に、自分の目で中国を見に行くことを願っている」と祝電が寄せられた。

また程大使は授賞式の挨拶の中で、「『忘れられない中国滞在エピソード』のコンクールが成功裏に行われたことは、日中両国国民の相互交流の盛り上がりを示している。中国について何も知らなかった多くの日本人が、交流を通して、中国人と相互理解し、信頼を深め、最終的にかたい友情を築いているのを見ることができて、とてもうれしい」と述べた。

2018年7月に北京の清華大学を卒業したばかりの原麻由美さんは、中国における10年間の留学生活を振り返り、「世界で一番美味しい食べ物」という作文を書き、餃子がつないだ中国人継父との心の交流を描いた。...続きを読む

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年1月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。