<サッカーアジア杯>4回もチャンスがあったのに決められず…日本の希望の星はいったいどうしたのか?―中国メディア

<サッカーアジア杯>4回もチャンスがあったのに決められず…日本の希望の星はいったいどうしたのか?―中国メディア
14日、騰訊体育はAFCアジアカップUAE2019グループステージ第2節の日本対オマーン戦について分析する記事を掲載した。資料写真。(Record China)
2019年1月14日、騰訊体育はAFCアジアカップ(アジア杯)UAE2019グループステージ第2節の日本対オマーン戦について分析する記事を掲載した。

試合は日本が1-0でオマーンに勝利。日本はグループステージ2連勝で決勝進出を決めたが、記事は「議論のあるPKで勝ったため、人を納得させることはできていない」と指摘。「期待された南野拓実が4回もあったチャンスを浪費していなければ、日本は楽に勝利できた。23歳のこの若い選手はまだ磨かれる必要がある」と伝えた。

その上で、南野について「確かに注目の新星だ」と紹介。15年から海外でプレーをしており、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクでこれまで152試合に出場、51得点とまずまずの成績を収めているとした。特に今季は、21試合に出場して10得点と、2試合に1得点のペースであり、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ではローゼンボリ戦でハットトリックを達成したことも紹介。ELにおいて日本人で初めてハットトリックを達成した選手となったと伝えた。

このため、今回のアジア杯に出場する南野に対する期待は高かったと記事は指摘。しかし、これまでの2戦で1得点もできていないだけでなく、何度もチャンスを逃しているため、多くの人を失望させていると論じた。

記事は、「オマーン戦では、開始からわずか12分までに、2回もキーパーと1対1になるチャンスがあった。この2回は、まるで食べ物を口までもっていってもらったかのようだったが、彼はそのチャンスをつぶしてしまった」と指摘している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年1月14日の中国記事

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュース

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。