<サッカー>F・トーレス「日本での生活に満足、サガン鳥栖で1年でも多くプレーしたい」―中国メディア

<サッカー>F・トーレス「日本での生活に満足、サガン鳥栖で1年でも多くプレーしたい」―中国メディア
6日、中国のサッカー情報サイト・?球帝は、J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが「日本での生活に満足している。サガンで1年でも多くプレーしたい」と語ったことを伝えた。資料写真。(Record China)
2019年2月6日、中国のサッカー情報サイト・?球帝は、J1サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが「日本での生活に満足している。サガンで1年でも多くプレーしたい」と語ったことを伝えた。

香港で5日、4チームのトーナメント戦で行われるサッカー大会「ルナー・ニュー・イヤー・カップ」が開幕。サガン鳥栖は同日の1回戦で香港選抜と対戦し、1-1(PK4-2)で勝利した。

記事によると、この試合で1ゴールを決めたトレースは試合後に取材に応じ、「香港に来るのは3回目だ。最初に来たのはリバプールの時。たくさんのファンがいることに驚いた。今回もファンのサポートを感じられた。リバプール、チェルシー、サガン鳥栖、スペイン代表のユニホームを着てピッチに立てるのはとても幸運なことだと思う」と語った。

今後香港でプレーする可能性については「日本でのこの半年の生活にとても満足しているし、スペイン人選手が世界各地で活躍していることをうれしく思う。将来のことは分からないが、サガンで1年でも多くプレーしたい」と語ったという。

サガン鳥栖は7日夜の決勝で中国の山東魯能と戦う。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年2月6日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。