日本との安保協力を望む蔡政権、台湾を植民地支配時代に戻すのか―中国メディア

日本との安保協力を望む蔡政権、台湾を植民地支配時代に戻すのか―中国メディア
4日、上観新聞は、日本との安保協力を望む蔡政権の意図について分析する記事を掲載した。写真は民進党主席を辞任する蔡英文氏。(Record China)
2019年3月4日、中国メディアの上観新聞は、日本との安保協力を望む蔡英文(ツァイ・インウェン)政権の意図について分析する記事を掲載した。

記事は、2日には蔡総統が産経新聞の独占インタビューに応じたことを紹介。その中で蔡総統は、「東アジアに位置する台湾と日本は同じ脅威に直面しており、安全保障協力の対話のレベルを上げることが非常に重要で、日本と安全保障対話を行い、中国軍の情報を共有したい」との考えを示したという。

その上で記事は、「日本政府は『台湾カード』をよく使うとはいえ、蔡総統が言うような『法律上の障害を克服』して、台湾と『政府間安保対話』を行うのは白昼夢のようなものだ。蔡総統は、1940年代の植民地時代に生きているのだろう」と批判した。

さらに、「第2次世界大戦中に約20万人の台湾人が旧日本軍に編入され、主にフィリピンの戦場で戦い、3万人以上が亡くなっているが、恐らくこれが台湾史上最大の日本との安保協力だろう。もちろん、当時は日本の植民地だったため、台湾の若者は自主的であろうと受動的であろうとやむを得なかったことだ。前には『コメと砂糖』の誘惑があり、後ろには『刀と警棒』の脅しがある中で、天皇への忠誠を示さないことなどできただろうか」と主張した。

そして、「先の大戦から70年以上が経過した今、蔡氏が日本との安保協力を望むのは、時代を錯乱しているのでなければ、何か他に意図がある」と指摘した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。