なぜ日本だけ影響を受けない?韓国の“過去最悪”の大気汚染の原因は…

なぜ日本だけ影響を受けない?韓国の“過去最悪”の大気汚染の原因は…
5日、ソウル首都圏で微小粒子状物質PM2.5の緊急低減措置が初めて5日連続で発令されるなど、韓国全域で大気汚染が深刻化している。韓国メディア・世界日報は、日本と比較しつつその原因を指摘している。写真はソウル。(Record China)
2019年3月5日、ソウル首都圏で微小粒子状物質PM2.5の緊急低減措置が初めて5日連続で発令されるなど、韓国全域で大気汚染が深刻化している。韓国メディア・世界日報は、日本と比較しつつその原因を指摘している。

先月20日から続く高濃度PM2.5の原因について、韓国政府や専門家は「地球温暖化が大気の流れを遅らせているため」と指摘している。

これについて記事は「地球温暖化は世界共通の現象だが、韓国だけに大気が停滞するのか」と疑問を投げ掛けた。韓国の2013年から昨年までのPM2.5の年平均濃度は1立法メートル当たり23~26マイクログラムの間を行き来している。一方、日本は年平均の大気環境基準1立法メートル当たり15マイクログラムを下回っているにもかかわらず、毎年濃度が減少しているという。

専門家は「日本は海洋性の気流の影響を受け、冬と春にジェット気流の速度が遅くなる影響圏からも抜けているため、韓国に比べて温暖化による大気停滞がない」と説明したというが、記事は「それよりも直接的な原因は、日本政府の厳しい大気質政策だ」と指摘している。

日本は2013年に「粒子状物質総合対策」を発表し、ディーゼル車運行規制や排出源の分析など韓国政府が最近行っている政策を打ち出していた。さらに、排出源を韓国よりはるかに細かく分析している上、環境省のホームページでは中国にいる日本人を保護するため、中国主要都市のPM2.5濃度をリアルタイムで確認できるホームページのリンクを掲載したり、無料医療相談サービスを行ったりしているという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。