中国がGDP目標値発表、西側メディアがある変化をこぞって強調―米華字メディア

中国がGDP目標値発表、西側メディアがある変化をこぞって強調―米華字メディア
中国の2019年のGDP成長率目標が5日、発表された。これを受け、米華字メディア・多維新聞は「西側メディアは目標引き下げをこぞって強調した」との記事を掲載した。写真は北京。(Record China)
中国の2019年の国内総生産(GDP)成長率目標が5日、発表された。これを受け、米華字メディア・多維新聞は「西側メディアは目標引き下げをこぞって強調した」との記事を掲載した。

中国ではこの日、第13期全国人民代表大会全人代)第2回会議が開幕。19年のGDP成長率目標は6~6.5%と、18年の6.5%前後より下がることが示された。

多維新聞は「西側メディアは『過去約30年で最低の伸び率』とこぞって強調」と伝え、米ブルームバーグが「従来の小数点を使うやり方が範囲を示すやり方に変わった。政策決定者に余地を与えるものだ」と指摘したことを説明。ブルームバーグの調査対象となったエコノミストらが、19年の成長率を18年の6.6%より低い6.2%と予測していることも報じた。20年、21年はさらなるスローダウンが考えられているという。

また、英ガーディアンは「李克強(リー・カーチアン)首相が世界第2の経済体が直面する困難な課題について警告する中、中国は過去30年で最低の成長率目標を打ち出した」と報道。ロイターは中国の経済専門家の認識として、「19年の穏やかな経済成長の重要度は18年を上回る」と指摘したという。(翻訳・編集/野谷)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月5日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。