日本で問題になっているホテル備品の持ち帰り、中国ではほとんどなし?=中国ネットの反応は

日本で問題になっているホテル備品の持ち帰り、中国ではほとんどなし?=中国ネットの反応は
9日、北京時間は、日本で問題になっているホテル備品の持ち帰りは、中国ではほとんど発生していないと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。(Record China)
2019年3月9日、北京時間は、日本で問題になっているホテル備品の持ち帰りは、中国ではほとんど発生していないと伝えた。

記事は、フジテレビの番組「めざましテレビ」が5日に放送したホテルの備品持ち帰り問題について紹介。番組が行った調査によると、ホテルの備品を持ち帰ったことがあると回答した人は63%に達し、化粧品やドライヤー、テレビやベッドまでなくなっていた例があると伝えた。

一方、北京時間の記者が中国の3つのホテルを取材したところ、いずれのホテルも「そのようなことはほとんど発生していない」との回答だったと紹介。しかし、有料のミネラルウォーターが開けられて中に水道水が入れられていたことや、有料のカップ麺の底を破り取って食べたことを暴露したネットユーザーがいると伝えている。

これに対し、中国のネットユーザーから「どうやってベッドを持ち帰ったのかに興味がある」「テレビはまだ理解できる。でもベッドってどういうこと?」との疑問の声が寄せられた。

また、「日本人でもこういうことをするのか」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。