「汚染が深刻な都市ワースト10」にインドから7都市、中国からも―米華字メディア

「汚染が深刻な都市ワースト10」にインドから7都市、中国からも―米華字メディア
5日、米華字メディア多維新聞は、国際環境保護団体などが発表した世界の深刻な汚染都市ワースト10で、インドから7都市が選ばれるとともに、中国からもランクインしたとするロシアメディアの報道を伝えた。写真は中国。(Record China)
2019年3月5日、米華字メディア多維新聞は、国際環境保護団体などが発表した世界の深刻な汚染都市ワースト10で、インドから7都市が選ばれるとともに、中国からもランクインしたとするロシアメディアの報道を伝えた。

記事は、ロシア・スプートニクの5日付報道を引用。スイスの空気清浄機メーカーIQAirと国際環境保護団体グリーンピースが共同作成した報告の「世界で汚染が深刻な都市ワースト10」で、インドが7都市を占め、残りの3都市は中国とパキスタンの都市だったと紹介した。

ワースト1に選ばれたのは、インド・デリーの衛星都市グルグラムで、汚水処理、水道と電気の供給システムがいずれも著しく未発達であり、住民がディーゼル発動機を使用しているため深刻な大気汚染を引き起こしているという。ワースト2も同じくインドのガーズィヤーバードだった。

また、パキスタンからはファイサラーバードが3位に、ラホールが10位にそれぞれ選ばれた。中国では新疆ウイグル自治区のホータンが8位に入っている。

記事によると、ランキングは微小粒子状物質PM2.5の濃度を基準としており、インドでは最もひどい時には世界保健機関(WHO)が定める基準値の20~25倍に上るPM2.5が拡散するという。(翻訳・編集/川尻)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。