中国の若者「老後」を語る、心配なのは親?それとも自分?―中国メディア

中国の若者「老後」を語る、心配なのは親?それとも自分?―中国メディア
「老後をいかに過ごすか」というのは、常に全国両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)における重要議題だ。写真は中国。(Record China)
「老後をいかに過ごすか」というのは、常に全国両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)における重要議題。国務院の李克強総理は今年の両会で政府活動報告を行った際に、「高齢者の生活を幸せなものにすれば、後に続く世代の人々も未来に期待を抱ける」とした。中国青年報が伝えた。

中国青年新聞社社会調査センターと問巻網(www.wenjuan.com)は、全国両会の開催期間中に、18歳から35歳の若者1876人を対象に、アンケート調査を実施した。

〇「90後」が最も関心を抱くのは「自分自身の老後」

回答した若者の89.3%は、老後問題について関心を抱いており、この割合は、2018年同期(87.9%)比1.4ポイント上昇した。そのうち、27.5%は、「非常に関心を抱いている」と答えた。

また回答した若者の78.8%が、「自分自身の老後を心配する」と答え、86.1%は「親の老後を心配する」と答えた。

クロス分析によると、「自分自身の老後を心配する」と答えた人の割合が最も高かったのは「90後(1990年代生まれ)」で80.6%、「80後(1980年代生まれ)」が80.0%でこれに続いた。「親の老後を心配する」人の割合が最も高かったのは「85後(1985-89年生まれ)」87.0%で、「90後」86.8%がこれに続いた。

老後をめぐる具体的な心配に関する質問には、「老人の面倒を見る時間や人手が足りない」と心配する若者が73.6%で最も多く、昨年の65.3%から大幅に増加した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月17日の中国記事

次に読みたい関連記事「全国人民代表大会」のニュース

次に読みたい関連記事「全国人民代表大会」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。